記事の詳細

内科的な原因による口臭についてここでは肝機能の衰えによる口臭
を説明します。

肝機能の衰えが原因の口臭とは、まず、正常に働いている肝臓で
あれば、ニオイ物質はキレイに分解されます。
しかし、慢性肝炎などを患っていて肝臓の働きが正常でない場合、
ニオイ物質をキレイに分解できなくなります。

肝臓で分解し切れなかったニオイ物質が、血液の流れに乗って、
全身へとまわり、それが体臭となったり、口臭となってイヤなニ
オイを発生させるのです。

肝機能の衰えが原因である口臭の特徴的なニオイを例えるとすれば
、一言でいうと、「ねずみくささ」と
いった感じでしょうか。

掃除の行き届いていない不衛生な飲食店を想像してください。床
はほこりやチリ、汚れが垢のようにたまっている。
いかにもねずみが活動しているような。
そんな店で漂っていそうなニオイがこれです。

実際に肝機能が原因の口臭がある人に聞くと、口の中も苦味が
あるそうです。
思い当たるふしがある人は一度、内科で診てもらいましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る