記事の詳細

これまで、唾液の分泌が、口臭の予防になると述べてきました。
それでは、唾液を意識的に分泌しやすくすれば、口臭を積極的に
予防することになるはずです。

ここでおすすめしたいのが、異物反応による唾液分泌方です。

たとえば目になんらかのゴミが入ることがあります。すると反射
的に涙が出てきて、異物であるゴミを排出しようとする働きが生ま
れます。
これと同じく、口の中も小さなゴミが入ってくると、反射的に唾液
がわき出してきて、ゴミを吐き出したり、飲み込みやすくします。

このメカニズムを利用して、口の中に異物を入れて、唾液
の分泌を促進させるのが、異物反応による唾液分泌方です。

使用する異物はガムや飴などでもいいですが、理想的には硬くて
角があるものがよく、お菓子の乾燥昆布などはヘルシーでいいでし
ょう。
昆布には口の中が乾燥するのを抑制するアルギン酸や、口臭
を抑制する働きのある葉緑素が含まれています。まさに理想的な異
物といえるでしょう。

意外と簡単にできる口臭の予防策としてぜひ
一度試してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る