記事の詳細

口臭の原因の三番目は歯周病や虫歯による口臭です。
口中環境が、きれいに保たれていない状態が慢性的につづいてい
ると、歯垢がたまりやすくなります。

歯垢は歯垢の重なった層に酸素が届かないので、層の深い部分
には菌が増えやすくなり、歯周病を起こしやすく、進行をさせや
すくなります。
この菌は組織や血球成分などのタンパク質を分解して、
不快な口臭を発生させます。

では歯周病や虫歯による口臭はどうやったら解決できるのかと
いうと個人でできることといえば、やはり毎日の歯磨きです。

ただし、今現在、歯周病や虫歯による口臭がある人の場合は、
歯科医の指導や治療を受けてください。歯周病や虫歯による口臭
をそのままにしておくと後々、別の問題も発生しかねません。

口の中の細菌は免疫力のバランスを崩した時、狭心症や心臓病
などの原因になることが報告されています。

歯の手入れを怠ったために心臓病を発症してしまったなんてこと
にならないよう常に口の中は清潔に保ちましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る