記事の詳細

人の家には、その家だけの独特なニオイがあります。
そこに住んでいる家族はは気づかないのですが、
他人が玄関に入ると気づくニオイなのです。

これはそこに住んでいる家族が自分の家のニオイになれて
しまったことから起こる現象です。
鼻がそのニオイになれてしまうと臭覚は疲れます。
それが原因なのです。

強いニオイであればあるほど鼻の臭覚の細胞、臭細胞はそのニオイ
に疲れてしまって、ニオイを感じなくなってしまうのです。
これと同じ理屈で、もっときついニオイなのに、住んでいる人は
無反応なのはペットを飼っている家です。

ペットのニオイに鼻がなれてしまって、家に漂っている独特の
ニオイに気づかない。
鼻の臭細胞が慢性的に興奮して、ニオイを感じなくなって
しまっているのです。

ところが、臭覚には面白いメカニズムがあって、自分の家のペット
のニオイには気づかなくても、
他人の家のペットのニオイとなると、ちゃんとわかるのです。

同じペットのニオイでも、ニオイを感じる臭細胞の
ニオイレセプターが違うため、起こる現象で、
選択的疲労といいます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る