記事の詳細

活性酸素と抗酸化物質の関係に注目したニオイの研究は、
まだまだ先が長い。

ガンのニオイと、ガン以外のさまざまな病気のニオイか
らはじまり病気を予防するニオイの研究を進めている現在は、
毎日が刺激に満ちているといえます。

ニオイによる病気の予防とは、抗酸化物質を使った研究のことです。
人は過剰なストレスを感じると体内で活性酸素が増加し、
抗酸化物質が減少します。
そこで、抗酸化物質が増加するニオイをかぐと、
ストレス解消になるに違いないという考えで
、研究をすすめたのですが、いいニオイをかぐと、
リラックスはするが、かがなくなると、すぐ前の状態に
戻ってしまうことがわかり、

「いやなニオイをかぐと、ある程度不快感は増すが、
それほどでもない。そしてかぐのをやめると、
前よりもさらにリラックス度が増す」
という思いもよらない結果になりました。

このことから、
「いいニオイばかりをかいでいるよりも、合間にいやなニオイを
かいで、変化をもたせることでストレス解消の度合いは高まる」
と結論できると思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る