記事の詳細

加齢臭はおおよそ50代から始まるとされ、自分ではなかなか気づ
かないのが難点です。

加齢臭はノネナールという物質が主な原因で頭皮やわきの下、
足はもちろんのこと、体全体の皮膚、汗のニオイ
からも発しています。
若い肉体ならば新陳代謝が活発なので、腐敗臭なども分解されて
あまりニオイを発しません。

ところが、年齢を重ねるうちに新陳代謝は衰えていき、血の巡りが
悪くなるぶん、独特のイヤなニオイを発するようになります。

ところで、ノネナールというこの物質によくにたニオイがいくつ
かあります。
整髪剤のポマードや、酒を飲んだ翌日の二日酔いの酒臭さなど、
同じようなニオイといえます。

そのためいちがいにオヤジ臭いといっても、飲みすぎによる酒臭さ
かもしれないし、頭につけているポマードのニオイかもしれないし、
タバコのニオイが体に残っているのかもしれない、またはこれらす
べてが混ざりあったニオイかもしれません。

どのみち生物としての生理的なニオイなので加齢臭をなくそうと
思ってもそれは不自然な望みといえます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る