記事の詳細

三つの汗腺と分泌される汗の成分について説明しましょう。

○皮脂腺
頭皮のニオイはいわゆる加齢臭であり、その原因が皮脂腺です。
皮脂腺は、頭皮以外では、額、顔にも多くあって、皮膚や髪を保湿
する働きをもっています。
脂肪分をたくさん含んだ皮脂を分泌するため、頭皮のニオイのもと
になっています。

○アポクリン腺
アポクリン腺はワキガ、肛門、生殖器などのニオイのもとになって
います。
アポクリン腺は、主に毛の生えている部分に多く分泌し、
脂肪分、タンパク質を含んだ汗を分泌したり、性ホルモンを分泌す
る汗腺です。

○エクリン腺
エクリン腺は足のニオイのもとになっている汗腺ですが、全身に分
布しています。
特に多いのが、手と足の裏です。エクリン腺は体の三つの汗腺の
中で、もっとも多くあり、その働き、役割からさらに
三つに分けられます。

①温熱性発汗 体温調節機能による発汗。
②味覚性刺激の発汗 辛い物や熱い物を食べた時に出る汗。
③精神性発汗 いわゆる冷や汗のことです。ヒヤッとした体験をし
たり、スポーツなどを見て興奮している時にしらずしらずに出てい
る汗で、ウソ発見器にも利用されています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る