記事の詳細

整髪剤のポマードは好みにもよりますが、一般的にはいい香りとさ
れています。

ところが、加齢臭はイヤなニオイ。
この二つがなぜ同じニオイといえるのでしょう。
そこでノネナールについて説明しましょう。

ノネナールは酸化した皮脂に含まれた化学物質で、
「9-ヘキサデセン酸」と「スクワレンハイドロパーオキサイド」
という二つの物質からなっています。
どちらも年齢を重ねるとともに、増えてくる物質で、ひとつひとつ
の物質は本来ニオイはありません。

しかしこの二つが混合すると、ニオイを発生させます。
それがポマードに似たニオイでポマードのニオイとは、濃度が違う
ので、両者を同じニオイとはなかなか感じられないのです。

その上、ここに頭の皮膚などの老廃物が腐敗して発生する腐敗臭も
加わってきたり、たばこのニオイ、二日酔いの酒臭さ、また年を重
ねるにつれて口臭も強くなりがちです。

これらのニオイが混ざり合って独特な加齢臭ができているといえます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る