記事の詳細

世間一般でいうフェロモンという言葉は、実際、研究者が
使っている言葉ではありますが、学問上の意味合いとして、
若干の差があります。

もともとフェロモンとはどういったものなのか‥‥

一般的には「あの女性にはフェロモンがある」
「彼女はフェロモンがムンムンで色っぽい」などと使うように、
異性に対して、性的な感情を呼び起こす、物質、
あるいはニオイのことを指している場合がほとんどだと思います。

ところが、学問の世界でいうフェロモンとは、
「体から分泌され、同じ種類の固体に影響を与える化学物質の総称」
となります。
つまり、体からニオイ物質を発生させることによって、
同じ種類の仲間になんらかの信号を送る役目をするのが
フェロモンという物質の定義なのです。

たとえばミツバチを例にすると
自分たちの巣に外敵が近づいた時に
「敵がきたぞ。攻撃準備にとりかかれ。」
といったような合図を出します。

それは、アセトペンタルアセテートという物質を体から発して
仲間たちに知らせているのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る