記事の詳細

トイレは生活臭のある代表的な場所であり、トイレのニオイで悩ん
でいる人も多いでしょう。
トイレのニオイのもとはアンモニアです。

トイレで用を足すと、尿の中の尿素が、細菌によって分解され、
アンモニアという化学物質を発生させます。

特に男性の場合は、便器から飛び散った尿が床や壁に付着して、
アンモニアを発生させやすくなります。
そのため、まず、トイレの気になるニオイ対策は、
用を足した後、便器の外に飛び散ったものを、そのつど、
トイレットペーパーなどでふき取ることが肝心です。

節水を心がけている家庭では、用を足しても十分な水を流さない
こともあるでしょう。
そのためトイレのニオイがきつくなってしまうことがあるのです。

アンモニアのニオイがしみつき、便器の中には尿が固まって
尿石も付着しやすくなる。
節水も適度にしないと、かえってマイナスになってしまいます。

トイレの芳香剤として、昔はよくキンモクセイの香り
が使われていましたが、
「キンモクセイ=トイレのニオイ」という
イメージからか、最近はめっきり少なくなりました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る