記事の詳細

エクリン腺は手と足に多くあり、これが足のイヤなニオイの基とな
っています。
しかし、実際にはエクリン腺から出た汗と、古い角質や雑菌など
が混じってイヤなニオイを発生させています。

エクリン腺から分泌される汗そのものにはニオイはありません。
汗っかきの人はエクリン腺の数が多く、発達しています。

汗っかきの人の汗は、汗をかきにくい人に比べ、乾きやすい性質が
ありますが、湿度の高い時期などはそうもいきません。
また、汗っかきでない人は、発汗しにくいぶん、その汗はドロド
ロとして、皮膚にたまりやすくなり、これがまたニオイの原因にな
ります。

これと同じ原理で、汗をかきやすい夏場よりも、汗の出にくい
冬場の方が足のニオイ、靴下のむれたニオイはきつくなります。

それでは、このニオイ対策はどうしたらいいでしょう。
ほとんどの人が防臭スプレーなどを使っていますが、これは足の
イヤなニオイにスプレーのニオイを重ねてマスキングしているだけ
で根本的な対策法ではありません。

正しい対策法はとにかく清潔にし、足のケアをマメにすること。
足の汗をマメに拭いたり、古い角質や爪の間、指の間のゴミや垢を
洗い流し、雑菌の繁殖をおさえましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る